メニュー

複数本のインプラント

imp001

 「CT撮影」と「シミュレーション」の診査・診断

CTとは三次元的に骨の状態や神経、血管の位置を把握できる特殊な撮影装置です。

従来のX線装置では見えなかった事、分らなかった事がCTなら正確な診査と診断ができ、安心、安全性とクオリティーを高めることが可能となります。このCT画像をicatというシミュレーションソフトに取り込むことで更に「安全・確実」な治療が実現できるようになりました。

シミュレーションソフト(icat)では今までは歯肉を切開してみなけば分らなかった事が、手術前にすべて分ってしまうことが可能です。骨の厚さや神経、血管の位置などが事前に分ることで、手術前にいろいろなシミュレーションが可能になります。以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。しかしCTやシミュレーションソフトを活用することで、正確な

コンピューターのデータに基づいた手術が可能となり、安全が格段に向上しています。

3D_20160801_213115

 3D_20160831_162028

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME