メニュー

骨・歯肉がやせている方のインプラント

骨が少なく、他院で難しいと言われたインプラントについても、当院ではご相談に応じます。

骨の少ないインプラント_02

60代後半の男性。歯周病で、奥歯がグラグラの状態で来院されました。レントゲンで確認をしたところ、骨の量が少ないことが判明しました。

骨の少ないインプラント_04

抜歯後の状態で、インプラントを埋める骨が無い状態です。

骨の少ないインプラント_06

患者さんがインプラントを望まれましたので、上顎洞底挙上術(サイナスリフト)と呼ばれる術式で、骨を増設する施術を行い、無事にインプラントを埋め込める状態になりました。

硬組織(骨)・軟組織(歯肉)の両面から治療

歯周病が進行すると、骨がとけて、歯肉とのバランスが悪くなってしまいます。このバランスが悪くなった状態でインプラントを埋め込むと、成功率が低くなるばかりか、見た目が悪くなってしまいます。そこで当医院では骨再生療法歯肉再生治療を組み合わせ、「確実性」と「審美性」の両方を追求する治療を行ないます。

骨再生療法や歯肉再生治療は非常に高度な技術を必要としますので、どの歯科医院でも行っている訳ではありません。「確実性」と「審美性」を追求されたい方は一度当医院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME